住み着いた場合|イタチ駆除サービスを依頼するときに発生する料金を紹介

住み着いた場合

困る婦人

コウモリが住みついてしまったら

洞窟などの暗い場所に住んでいるイメージの強い蝙蝠ですが、昨今都会や住宅街などでも見かけるようになってきています。いつのまにか家の屋根裏に住みついてしまったり、窓を開けたらいきなり侵入して来ることもあるようです。このように昨今蝙蝠の襲来は問題になっていますが、蝙蝠は野生生物ですし、病原菌の媒体となっている可能性があります。たとえば南米では、蝙蝠が狂犬病ウイルスの媒体となっていたことは有名です。それゆえに絶対素手で触ることはやめましょう。それならどうやってコウモリ駆除をするのかと言えば、蝙蝠専用のスプレーや磁石、超音波などを使用する方法があります。他にも蚊取り線香やバルサン、虫取り網で捕まえて追い出すという方法も効果があるようです。ただし注意したいのは、駆除するというのは追い出すという意味です。蝙蝠は鳥獣保護法の対象になっていますので、捕獲や殺傷は禁止されているのです。

住みつかれたくなかったら

蝙蝠が家に住みつくと、夜中にいきなりばさばさ飛び回り、睡眠不足になっていまいます。そんな困ったコウモリ駆除方法は、自力で追い出すこともできます。それでもやはり怖いし、心配なら専門業者にコウモリ駆除を依頼しましょう。専門業者によるコウモリ駆除なら、追い出すだけでなくその後の掃除や消毒もしてくれるので安全かつ安心です。さらに一年以内に再度駆除の場合はサービスという業者もあるようです。またそんな面倒をしたくないと言うのなら、コウモリ駆除をしなくて済むように、蝙蝠が住みつく前に対処しておくと良いでしょう。その対処方法として、蝙蝠の侵入口となる隙間を塞ぎましょう。蝙蝠は1センチ程度の隙間でも入り込むことがあります。ちなみに7月から8月は蝙蝠が繁殖期なので、この時期は避けるのが無難でしょう。